スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーカルレッスン 20100222 #39


今回は宣言通り、一曲分の詩を書いてきて提出しました。

今回初めて「ラブソング」を書いてみました。
自分の経験と理想を半分ずつ混ぜて、
(Aメロ - Bメロ - サビ)×2番まで
の構成で詩を作りました。

その場にいたバーのオーナーや他のレッスンの生徒に
見てもらった感想は
「中高生が書いた詩っぽい」
「かわいい」
などでした。
どうせ中高生並の恋愛経験値です(´・ω・`)

でも、前回の作品よりは数段良くなっていると
言って貰えました。

今度は、また新しく別の物を作るのではなく、
この作品の完成度を上げてみて、と言われました。

自分でもまだ改善の余地があると思っているので、
これをオーディションに出すくらいの勢いで
推敲してみようと思います(`・ω・´)

男子のための恋愛検定 (よりみちパン!セ)
伏見 憲明
理論社
売り上げランキング: 84053

ボーカルレッスン 20100215 #38


今日のレッスンでは、歌唱の練習はせず、
前回の宿題のチェックを主に行いました。

宿題は「歌の歌詞を書いてくること」

これは自分から言い出したことで、
自分の歌唱力に絶対の自信が無い以上、
他の要素で補わないといけないと思い願い出ました。

全くの未経験からとりあえず1曲、
しかも1番だけ何とか書いて見てもらった感想は、

「情景の描写が無い」
「感情を箇条書きにしているだけ」
「客観的で、感情移入できない」
「歌詞と言うより小説の一部分のよう」

と、当たり前ながら残念な評価でした。

多分一番深刻なのは最後の問題点で、
現状文章の構成にこだわりすぎて
他が二の次になっている気がします。

文章を書くのが得意だからと言って、
簡単に良い歌詞を書ける訳ではなさそうです。

既存の曲が上手く歌えるようになるのも楽しいですが、
こうやって新しい物を創り出すのも、違った楽しさがあります。

次回のレッスンまでの宿題は「"一曲"書いてくること」。
先生に見切りをつけられないように、前回より時間をかけて
処女+1作を書いてみようと思います。

はじめての手作りお菓子―かんたんおいしい113レシピ

成美堂出版
売り上げランキング: 20584

ボーカルレッスン 20100201 #37


今回のレッスンの主な内容は、
昨日の送別会でのステージの反省会でした。

先生にハモリで手伝ってもらったのですが、
本番で何箇所かハモリの方につられかけた、
と言うかつられた部分がありました。

で、復習でレッスンで改めて同じように
ハモってもらうと、全くつられずに完唱できました。

特段レッスンの前に練習していたわけではなく、
違うのは「腹から声を出すイメージ」の強さでした。

本番では、感情表現をしっかりしようとして、
比較的口先だけで唄ってしまっていました。
そのため、自分の体に自分の声が響かず、
ハモリにつられやすくなっていたものと思われます。

体全体が管楽器であるようにイメージすれば、
音が混じっても頭の中に自分の声が強く響き、
ハモリの音を意識しながら主旋を歌う事ができるようです。

「腹から声を出すイメージ」はもう何度も注意するよう
言われてきたことですが、何か他に注意が行くたびに、
リセットされてしまっている現状です(´・ω・`)

本番はイマイチな結果でしたが、
上記のことを身をもって学べたという事だけでも、
今回の経験は有意義な物だったと思います(`・ω・´)

どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行 くりくり編 (角川文庫)
西原 理恵子 鴨志田 穣 ゲッツ板谷
角川書店
売り上げランキング: 116901

自分なりのYELL


昨日、某送別会があり、余興で主賓の方々に対する
気持ちとしてコブクロのYELLをステージで歌わせてもらいました。

お店のスタッフ含めて20人近くの人の前での
ステージ(形式上)でしたが、意外と緊張はしませんでした。
肝っ玉にメッキが付き始めたようです(`・ω・´)

しかし肝心の歌が、及第点行ったか怪しい出来でした。
詳細は次回のボーカルレッスンの記事にて書きます。

出来はともかくとして、自分のような口下手な人でも
人に気持ちを伝える手段になり得る"歌"って
いいもんだなと、改めて思った今日この頃です。

気持ちはつたわる
気持ちはつたわる
posted with amazlet at 10.02.01
BoA
エイベックス・トラックス (2001-12-05)
売り上げランキング: 89895

ボーカルレッスン 20100125 #36


今回のレッスンでは
・はつ恋の録音
・YELL(コブクロ)の練習
を行いました。

はつ恋の録音は、近々応募する予定のオーディションの
ためのもので、詳細は後日記事に書く予定です。

あと折角なので、そのままアップロードしてみる
・・・かもしれません(`・ω・´)

YELLの練習は、近日行われる某送別会で送る側として
プレゼントとして歌うためのものです。

送別会の会場がレッスンが行われているバーで、
当日は先生にハモリで手伝ってもらう予定ですが、
原曲の通りのハモリじゃないと自分がつられる
危険があるので、かなり歌い込みが必要です。

こうやって近々に何かしら目標があると
否が応でもテンションが上がって練習したくなります(`・ω・´)

テンションを上げる45の方法
中谷 彰宏
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 158891

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
about me

管理者名:moith

普通のお兄さんが書きたいことを自己満的に書き流すブログです

注:「アイドルマスター(THE IDOLM@STER)」に関する記事(攻略情報・楽譜など)はありませんので予めご了承ください。

カテゴリ
バロメーター

全記事タイトル一覧を表示

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。